忍ケ丘いるかこども園

病児保育室ぷくぷくまんぼう
病児保育室「ぷくぷくまんぼう」は、病中・病後のため、幼稚園・保育園・学校へ
登園登校できないお子様の保育、看護を行う施設です。

病児保育室「ぷくぷくまんぼう」では、病中のお子様を保育看護しています。お子様が病気の時、保護者の方が安心してお仕事ができるよう、ご協力させていただきます。わからないこと、困ったことがありましたら、なんでもご相談ください。

ぷくぷくまんぼうのご案内

利用できる年齢は?

生後6か月~10歳のお子様

どんな時に利用できるの?

入院を必要としない程度の病状で、病児保育を必要と医師が判断した児童が対象となります。
(熱・下痢・水ぼうそう・おたふくかぜ・風疹など)

利用時間は?

月曜~金曜 9:00~18:00
※17:45までにお迎えに来てください。 延長はありません。
(土曜・日曜・祝祭日・盆休み・年末年始はお休みです。)

利用料金はいくら?

・四條畷市内在住 2,300円
・四條畷市外在住 5,300円
(1日利用、昼食、おやつ、寝具リース代含む)
四條畷市にお住まいで、市民税・府民税非課税世帯、または生活保護世帯に該当するかたは、下記の証明書を提出すると病児保育料が減額になります。

世帯
課税世帯(市内)
1日利用料
2,300円
証明書
発行場所
市・府民税、非課税世帯
1日利用料
1,100円
証明書
住民税決定通知書
発行場所
市役所税務課
生活保護世帯
1日利用料
300円
証明書
生活保護適用証明書
発行場所
市福祉事務所

利用の流れ

① 事前登録をします。
 
② 利用予約をします。
 
③ 利用当日の朝、利用確認連絡をします。
 
④ 利用当日の朝、いるかこどもクリニックにて診察を受けます。
 
⑤ 病児保育を利用します。

詳しくはPDFをご覧ください。
あらかじめ用紙を記入されていると、登録・当日診察がスムーズです。

持ち物は?

  1. バスタオル2枚
  2. フェイスタオル1枚・ハンドタオル2枚
  3. ビニール袋(レジ袋)2枚
  4. 着替え・下着1~3組 
  5. ☆オムツ・おしりふき
  6. ☆処方薬(1回量ずつ分けて)・お薬手帳
  7. ☆解熱剤(1回分)
  8.  
        

  9. ☆お食事エプロン
  10. ☆歯みがきセット・哺乳瓶
  11. ☆通園している園の連絡ノート

☆印は年齢、症状に合わせて必要時ご用意ください。※持ち物には全て名前を記入してください。

入り口のご案内

ぷくぷくまんぼうの入口はクリニックからちょうど裏手にあります。インターホンを鳴らしてください。いるかこども園の入口とは違いますので、ご注意下さい。

病児保育室の様子

病児保育室の様子

お部屋は4つあり、製作やお遊びをして過ごしています。

 

☆スタッフのしょうかい☆

さかた先生(看護師)

4児の母です!!バレーボールとお菓子作りが得意です。 

 

しみず先生(看護師)

裁縫が得意で、病児保育室のおもちゃをたくさん手作りしてくれます。

 

なかにし先生(看護師・保育士)

看護師、保育士、両方の免許を持っていて、とても勉強熱心です。

保育室内の飾りつけや、製作が得意です。

 

いえはら先生(看護師)

いつもニコニコ、歌を歌うのが大好きです。仕事と育児の両立に奮闘中。

 

やまもと先生(保育士)

優しい笑顔で、こどもたちを包み込みます。手遊びや絵本の読み聞かせが得意です。

 

もりなが先生(保育士)

保育のベテラン。にっこり笑顔で、泣いていた子もすぐに泣きやみます。

 

なかだて先生(保育士)

ピアノとお歌がとても上手です。

 

たなか先生(看護師)

いつも子供と同じ目線で、優しく話しかけています。

お問い合わせ

わからないこと、困ったことがありましたら、以下よりお問合せください。

ぷくぷくまんぼうへの
お問い合わせ

お電話でのお問合せ:
072-862-1177